市制施行80周年

   泉大津市は昭和17年4月1日に市制が施行され、令和4年4月1日に80周年を迎えることができました。

   今日に至るまで、郷土を愛しこの素晴らしいまちを築いてこられた先輩諸賢、市民の皆さん、そして本市の発展にご尽力いただきましたすべての人に心から敬意と感謝を申し上げます。

   節目となる80周年の一年は、官民連携・市民共創の視点で、企画の段階から小中学生や市民の皆さんの想い・アイデアを取り入れた『シンボル事業』と、市民・団体の皆さんが主体となって企画・実施する『市民提案事業』などを実施します。

  さまざまな事業を通して「再始動(Restart)泉大津」の起点となる、未来に向けて希望が感じられる一年を共に創り上げていきたいと思います。

   「つむぐ ひろがる #おづの未来」のキャッチフレーズのもと、コロナ禍を乗り越え、市民の皆さんと心を一つに、市民の皆様と手を取り合いながら、泉大津市を前に進めていきましょう。

 

泉大津市長  南出 賢一

キャッチフレーズ・ロゴマーク

本市に関わるすべての人々と80周年記念をともに創るという視点のもと、全国からの公募を経て「ロゴマーク」を、市民ワークショップを経て「キャッチフレーズ」を決定しました。

キャッチフレーズ

つむぐひろがる#おづの未来

ロゴマーク

泉大津市にゆかりのある皆さんからのメッセージ

80周年という大きな節目を迎える泉大津市。本市にゆかりがあり広くご活躍されている皆様から市制80周年へのメッセージをいただきました。

記念事業

記念すべき年を市民の皆さまとお祝いするため、様々な事業を実施します。

シンボル事業

市民ワークショップなどをとおしていただいた、市民の皆さんのアイデアや想いを取り入れ企画した80周年記念事業の象徴となる様々なシンボル事業を紹介します。

事業一覧

事業名

実施予定日時

内容

80周年記念式典

令和4年5月3日

13時~16時

本市の80周年を応援してくれる応援大使の任命式や、市内中学校の吹奏楽部などによる発表会を実施します。

新型コロナウイルス感染症対策のため、式典関係者のみの参加となります。

※式典はFMいずみおおつ(85.5MHz)及び、泉大津市公式YouTubeチャンネルでのライブ中継を予定しています。

原動機付自転車オリジナルナンバープレート交付事業 秋~冬頃交付予定 泉大津市の魅力を市内外に発信するため、原動機付自転車のオリジナルナンバープレートを製作・交付します。
80周年記念だんじりパレード

秋頃実施予定

19町(濱八町・十二町連合)によるだんじりパレードの開催や、だんじり文化や伝統を次世代へ継承する各種取り組みを実施します。
(仮称)泉大津フェニックス市民にぎわいフェスティバル 秋頃実施予定 普段はなかなか入ることができない泉大津フェニックス多目的緑地・広場等を活用して体験型イベントを実施します。
80周年PR事業 4月~ 80周年を記念したオリジナルフレーム切手などの記念物品を製作し、市内外に80周年を大きくPRしていきます。
80周年記念植樹 秋~冬頃 市内の公園等において市民の皆さんと記念植樹を行います。
80周年×シープラ開館1周年記念企画 夏~秋頃 本市につながりをもつ著名人を招いたトークショー&展示会、紙芝居貸出用シープラオリジナルケースの作製など80周年とシープラ開館1周年を盛り上げます。
つむぐ ひろがる スタンプラリー事業 年度内 各80周年記念イベントや本市の魅力を広く知ってもらうためのデジタルスタンプラリーを実施します。
“おづぶら”魅力発見マップ 秋~冬頃 泉大津商工会議所と連携し、地域経済の活性化につながるような市内の散策マップを作成します。
80周年記念消防活動普及啓発事業 年度内 80周年仕様の出初式、消防PR動画の配信、市内の優良危険物関係事業所等への表彰や講演会を行う危険物安全大会を実施します。
80周年記念いずみおおつカルチャートーク 秋~冬頃 文化芸術の第一線で活躍する著名な文化人を招いて、フォーラムを開催します。
健康スポーツフェスティバル事業 春~秋頃

「健康や体力づくり」をテーマに、楽しみながら体を動かせる体験型イベントを開催します。

※事業・イベント名については変更の可能性があります。各イベント開催の詳細は随時更新します。

笑顔カウントダウン

マスクの着用で笑顔を見る機会が減っている中、皆さんの笑顔で80周年を盛り上げるため市制施行記念日の80日前から「笑顔カウントダウン」を実施しました。

たくさんのご応募ありがとうございました。

各種募集

市制施行80周年記念冠事業の募集

泉大津市の80周年を市民や、事業者の皆さまと一体になってお祝いし、盛り上げるため、「泉大津市市制施行80周年記念」等の冠称を使用していただける事業を募集します。

この記事に関するお問い合わせ先

政策推進課