『安全・安心な食糧の安定的確保に関する構想』を策定しました

更新日:2023年09月01日

   食料は人間の生命の維持に欠くことができないものであり、また、医食同源という言葉が示すとおり健康で充実した生活の基礎として重要なものであるにも関わらず、国内の農産物の生産量の減少や海外における不測の事態の発生による供給途絶の可能性の高まりなど、食料の安定的な確保に向けた課題は年々深刻化してきています。

   こうした状況を鑑み、本市では、食糧の確保に向け、平時の仕組みが有事の際にも活かすことができるよう市独自のサプライチェーン構築をめざす『安全・安心な食糧の安定的確保に関する構想』を策定しました。

   本市は、今回策定した『安全・安心な食糧の安定的確保に関する構想』のもと、全国の農山村地域の自治体等と連携しながら、市民への安全安心な食糧の安定的な確保と食による健康増進の取組みを両立するとともに、都市部における農業の持続的発展及び農村への貢献と振興などを実現する新たなモデル構築を推進していきます。

農業連携協定

上記構想の実現に向け、現在泉大津市では複数の自治体と農業連携協定を締結し、事業を実施しています。

  自治体名 協定締結日 連携内容
1 和歌山県橋本市 令和4年8月19日 詳細はこちら
2 沖縄県石垣市 令和5年7月5日 詳細はこちら
3 長野県南箕輪村 令和5年8月2日 詳細はこちら
4 北海道旭川市 令和5年8月24日 詳細はこちら
5 滋賀県東近江市 令和5年8月29日 詳細はこちら
6 熊本県人吉市 令和5年8月31日 詳細はこちら

この記事に関するお問い合わせ先

政策推進課
みなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか
このページに関してのご意見がありましたらご記入ください。

当フォームは、返信不可能のため、ご質問にはお答えすることができません。