救急車適正利用にご協力を!!

泉大津市では平成31年中(令和元年中)の救急出場件数が4,401件で、1日平均約12件の割合で出場したことになります。
 

平成31年中(令和元年中)に救急車で搬送した方のうち、約56%は医療機関で処置を受けたあと、すぐに帰宅できる軽症者でした。


救急車は、けがや急病など緊急に搬送しなければならない傷病者のためのものです。
緊急ではないのに救急車を要請すると、本当に救急車を必要とする急病や事故が発生した場合、救急車の到着が遅れることがあり、救える命が救えなくなるおそれがあります。

緊急性がなく自分で病院に行ける場合は、救急車以外の交通機関等を利用してください。

救急車を本当に必要とする人のために、皆さんのご理解とご協力をお願いします。

                                                                                                 

 

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか

※当フォームは、返信不可能のため、ご質問にはお答えすることができません。