子宮頸がん予防ワクチン

更新日:2022年04月01日

平成25年6月14日から積極的な接種勧奨は差し控えられていましたが、令和3年11月26日積極的な接種勧奨の差し控えが解除されました。

対象となる方は公費助成により無料で接種が可能ですので、下記厚生労働省ホームページにて詳細をご確認頂き、予防接種について検討・判断してください。

対象者

小学校6年生~高校1年生相当の女子

キャッチアップ接種対象者(平成9年4月2日~平成18年4月1日生まれの泉大津市民)

全3回接種のうち、不足している回数を定期接種として接種できます。(令和7年3月31日まで)

また、定期接種終了後から令和4年3月31日までの期間に自費で接種を受けた方については、償還払いを実施しています。詳細については下記のページをご確認下さい。

接種方法

3回接種です。 1~2か月の間隔をおいて接種し、その後6か月の間隔をおいて接種します。ワクチンの種類によって間隔は異なりますので接種時に接種医にご確認ください。

ヒトパピローマウイルス感染症について

ヒトパピローマウイルス(HPV)は、ヒトにとって特別なウイルスではなく、多くのヒトが感染し、そしてその一部が発症します。100種類以上の遺伝子型がある中で、子宮頸がんに関連の高いタイプが16型、18型で、子宮頸がんの50~70%はこれらの型が原因です。HPVに感染しても多くの場合は自然に排除されますが、一部が数年から十数年をかけて子宮頸がんを発症します。子宮頸がんは20歳~40歳の若い世代で増加傾向にあるがんです。 ワクチンでHPV感染を防ぐとともに、子宮頸がん検診によって早期発見し、早期に治療することで多くのがんを防ぐことができます。泉大津市では20歳以上の女性の方は500円で子宮がん検診を受診できますので、詳細は保健センター(健康づくり課:電話 0725-33-8181)までお問い合わせください。

子宮頸がん予防ワクチンについて

国内で接種できる子宮頸がん予防ワクチンは、子宮頸がん患者から最も多く検出されるHPV16型、HPV18型に対する抗体を含んでいる2価ワクチン(サーバリックス)と、尖圭コンジローマ等の原因ともなる6型、11型も加えた4価ワクチン(ガーダシル)があります。 HPV既感染者には有効性が低いことから、初回性交渉前の年齢層に接種することが推奨されています。

副反応について

下記「副反応が起こった場合について」をご参照ください。

実施場所

指定医療機関 (下記母子保健予定表に掲載の「市内指定医療機関・育児相談」参照)

持ち物

母子健康手帳・子ども医療証および健康保険証 ※予診票は、指定医療機関に備えています。

費用

無料

注意事項

対象以外の接種は予防接種法に基づかない接種(任意接種)となり、万が一、健康被害を受けた場合は、「健康被害救済制度」の対象外となります。 「副反応が起こった場合について」をご参照ください。

この記事に関するお問い合わせ先

子育て応援課
みなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか
このページに関してのご意見がありましたらご記入ください。

当フォームは、返信不可能のため、ご質問にはお答えすることができません。