おうちで体験学習 パタパタ鳥形(とりがた)をつくってみよう!

ストローをひいたりもどしたりすると鳥形木製品(とりがたもくせいひん)のつばさがパタパタうごく、パタパタ鳥形。一緒につくってみませんか?

 

鳥形木製品ってなに?

鳥形木製品は、池上曽根遺跡(いけがみそねいせき)からも発見(はっけん)されている、木でつくられた鳥の形をしたものです。

ムラの入口やさかいに立てられたしるしの上につけられたと考えられています。現在(げんざい)の鳥居(とりい)の元ではないかと考えている研究者(けんきゅうしゃ)もいます。

池上曽根遺跡からでてきた鳥形木製品は、体と頭の部分のみで、つばさは見つかっていません。べつべつに部品(ぶひん)をつくってくみあわせたり、本物(ほんもの)の鳥の羽をさしこんでいたのではないかと考えられています。

パタパタ鳥形

パタパタ鳥形のつくりかた

用意(ようい)するもの

  • はさみ
  • ホッチキス
  • 色えんぴつなどの色をぬるもの
  • ストロー直径4.5ミリ、6ミリのものを1つずつ
  • パタパタ鳥形のようしをいんさつしたもの(いんさつする紙はあつ紙のほうがよい)

パタパタ鳥形準備物

1.色をぬる

まずは、パタパタ鳥形ようしにいろをぬりましょう。目をかいたりしてもかわいいですね!

 

2.鳥の形にする

りんかくにそって切りぬき、表(色をぬった面)が外がわになるように半分にやまおりにします。

ぱたぱた鳥形を切る1
パタパタ鳥形折る1

3.おばねをつくる

おばねの中心をたにおりし、ななめの線をやまおりして角度(かくど)をととのえる。

パタパタ鳥形折る2
パタパタ鳥形折る2の2

4.くびをつくる

はいいろの部分の切れこみ線をはさみで切る。さんかく形になった部分をたにおりして、ななめの線をやまおりする。

パタパタ鳥形切る2
パタパタ鳥形切る3

5.顔をつくる

くちばしのやまおりとたにおりをして、あごのりんかくとつながるところをホッチキスでとめます。

パタパタ鳥形折る3
パタパタ鳥形留める

6.つばさをつくる

つばさのねもとをたにおりにしましょう。

パタパタ鳥形折る4

7.はばたくしかけをつくる

細いストローに3センチ切れ込みをいれ、ホッチキスで鳥形のおなかにとめる。

パタパタ鳥形切る4
パタパタ鳥形切る4

大きいほうのストローに5センチ切れこみをいれ、ほそいストローにかぶせます。

つばさのカーブしているあたりでかたほうずつをホッチキスでとめて完成です!

小さいほうのストローを上下に動かすと羽がパタパタ動きます。

パタパタ鳥形切る5
パタパタ鳥形留める3

おまけ  おづみんメダルのつくりかた

1.色ぬりをしましょう。

おづみんメダル色ぬり

2.りんかくにそって丸く切りぬきましょう。

おづみんメダル切りぬき

3.穴あけパンチで上部に穴をあけましょう。

おづみんメダル穴あけ

4.あけた穴にひもを通して、くくったら完成です。

おづみんメダル完成

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか

※当フォームは、返信不可能のため、ご質問にはお答えすることができません。