【注意喚起】新型コロナウイルスのワクチン接種を口実にした消費者トラブル

更新日:2021年07月02日

「新型コロナウイルスのワクチンが接種できる」といった、現金や個人情報を不正に得ようとする不審な電話やメール・SMS・SNSにご注意ください。


公的機関を名乗る者から「新型コロナウイルスのワクチンが接種できる。キャッシュバックされるので10万円を振り込むように」と不審な電話があった。

母の自宅に保健局を名乗る者から「新型コロナウイルスのワクチンが接種できる。後日全額キャッシュバックされるので10万円を振り込むように。すぐ〇〇銀行へ行ってほしい。口座番号をメモするように」と電話があった。娘である私が折り返し電話をかけ「△△保健所のことか」と尋ねたら電話が切れてしまった。母に対してもまくし立てるような話し方だったという。信用できるか。
(2021年1月受付 契約当事者:80歳代女性)


「新型コロナウイルスのワクチンが無料で受けられる。家は借家か、持ち家か」と不審な電話があった。

一人暮らしの自宅に電子音のような声で「新型コロナウイルスのワクチンが無料で受けられます。家は借家ですか、持ち家ですか」等と質問する電話があり、怪しいと思い途中で電話を切ったが不審であった。
(2020年12月受付 契約当事者:80歳代女性)


「新型コロナウイルス予防接種が優先的に打てる」といった内容で、URLも記載された不審なSMSが届いた。

「新型コロナウイルス予防接種が優先的に打てる」といった内容のSMSが届いた。大臣名が記載されているほか、URLも記載されており、不審であった。
(2021年2月受付 契約当事者:30歳代男性)

出典:国民生活センター

ワンポイントアドバイス

1.新型コロナウイルスを口実にした詐欺が増えています。

2.公的機関を騙った不審な電話はすぐに切ってください。

 「お金を振り込むように」と言われたら詐欺です。

3.不審なメール・SMS・SNS・は取り合わないでください。

 記載されているURLにアクセスしない、相手に電話をしない。

消費者ホットライン「188(いやや)」

困ったときは、一人で悩まずに、消費者ホットライン「188(いやや)」にご相談ください。
地方公共団体が設置している身近な消費生活センターや消費生活相談窓口をご案内します。

消費者ホットライン「188(いやや)」

相談窓口

泉大津市消費生活センター

相談日時: 毎週月曜日から金曜日 午後1時から午後4時(祝日、年末年始を除く)
場所: 市役所1階 消費生活センター
電話番号: 0725-33-1131(代表)

大阪府消費生活センター

相談日時: 毎週月曜日から金曜日 午前9時から午後5時(祝日、年末年始を除く)
場所: ATC(アジア太平洋トレードセンター)ITM棟3階(大阪市住吉区南港北2-1-10)
電話番号: 06-6616-0888(相談専用ダイヤル)

関連リンク

____

この記事に関するお問い合わせ先

人権くらしの相談課
みなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか
このページに関してのご意見がありましたらご記入ください。

当フォームは、返信不可能のため、ご質問にはお答えすることができません。