飼い犬の登録、変更手続き

更新日:2021年06月30日

飼い犬には登録と狂犬病予防注射が義務付けられています。

飼い犬を登録すること(生涯に1回)、狂犬病予防注射を受けさせること(毎年1回)、鑑札・注射済票を飼い犬に着けることは、狂犬病予防法で定められた飼い主の義務です。違反した場合は、20万円以下の罰金に科せられる場合があります。

犬の登録について

犬を飼われる人は、取得した日(生後90日以内の犬については90日が経過した日)から30日以内に、犬の登録をしなければなりません。

飼い犬の登録は、1生涯に1回となりますので、すでに登録済みの犬を譲り受けたときや、飼い主と一緒に引っ越しされたときは、登録の変更手続きが必要です。また、飼い犬が死亡したときは、登録を抹消する必要があります。

登録や変更などの手続きは環境課で行っています。登録時に、犬鑑札をお渡ししますので、登録した犬に必ず着けておいてください。

手数料について

  • 登録手数料(犬鑑札の交付含む)・・・3,000円
  • 鑑札の再交付手数料・・・1,600円
  • 注射済票の交付手数料・・・550円
  • 注射済票の再交付手数料・・・340円
  • 登録内容の変更・・・無料
注意:手続き後の納付した手数料は返還できませんので、ご注意ください。

オンライン手続き

・飼い犬の登録届

飼い犬の登録届

・飼い犬の登録事項変更届

飼い犬の登録事項変更届

・飼い犬の死亡届

飼い犬の死亡届

・狂犬病予防注射済票の交付

作成中

  手続き例)

Q1.新しく犬を飼いはじめた(生後91日未満)。

A1.生後91日以降に「飼い犬の登録届」の手続きです。

入力画面で申請者の情報とは、犬の所有者(飼い主)の情報を入力してください。

手続き完了後、ご来庁お願いいたします。登録手数料3,000円のお支払い後に、犬鑑札をお渡しします。

Q2.泉大津市内で引越し(転居)した。

A2.「飼い犬の登録事項変更届」の手続きです。

Q3.飼い犬の登録事項変更届とは

A3.犬の所在地 ・・・飼い犬が住んでいる住所が変わった

犬の所有者の氏名・・・飼い主の氏名が変わった(結婚等による氏名変更)

犬の所有者の住所・・・飼い主が住んでいる住所が変わった

犬の所有者 ・・・飼い主が別の人に変わった

などの変更の場合に「飼い犬の登録事項変更届」の手続きです。

複数項目を選択した場合は、間にコンマやスペースなどを入れて、続けて入力し、変更前後がわかるように入力してください。

Q4.泉大津市から他区市町村へ引越し(転出)した。

A4.転出先の区市町村で登録及び変更の手続きです。発行した犬鑑札を持参してください。

Q5.他区市町村から泉大津市へ引越し(転入)した。

A5.他区市町村で登録していない場合、Q1「飼い犬の登録」の手続きです。

他区市町村で登録してある場合、泉大津市役所環境課へご来庁ください(犬鑑札持参で無料登録)

Q6.飼っていた犬が亡くなった

A6.「飼い犬の死亡届」の手続きです。

関連リンク

みなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか
このページに関してのご意見がありましたらご記入ください。

当フォームは、返信不可能のため、ご質問にはお答えすることができません。