共同住宅の各戸検針・収納サービスについて

更新日:2021年06月30日

マンションなどの共同住宅等の各戸を1戸建ての住宅と同じように取り扱いするサービスです。

各戸検針及び各戸収納サービスの内容

建物の所有者との各戸検針及び各戸収納に関する協定にもとづいて、各戸メーターを2箇月ごとに検針し、水道料金及び下水道使用料を計算・収納する新しいサービスです。

このサービスは、水道のご使用の開始・中止等の届け出と清算料金の計算や支出、また、メータの交換など共同住宅の各戸を1戸建ての個別住宅と同じように取扱いいたします。さらに 集中検針盤で検針を行っていた共同住宅が市の基準を満たすための工事を行う場合は、最大1万円を限度として市が助成いたします。

対象となる建物

・新設の受水槽式共同住宅

・既設の受水槽式共同住宅(既設の親メーター検針共同住宅)

・既設の集中検針盤式共同住宅

お申込み

・建物の所有者又はその代理の方が、事前協議申込書を提出してください。

・市では給水台帳等を確認して、現地の調査をさせていただきます。

・市の基準を満たすための工事が必要となります。 制度についての詳しい内容については、水道課 サービス係までお問い合せください。

この記事に関するお問い合わせ先

水道課
みなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか
このページに関してのご意見がありましたらご記入ください。

当フォームは、返信不可能のため、ご質問にはお答えすることができません。