都市計画区域

都市計画区域は、一体の都市として総合的に整備し、開発し、保全する必要のある区域をいいます。

昭和8年12月28日
大津町903.8haを指定(面積903.8ha)
昭和45年6月20日
線引き
臨海町一丁目、二丁目、三丁目と大字板原を市街化区域に編入(面積999.0ha)
昭和51年8月4日
第1回線引き見直し
臨海部分の追加指定 (面積1,106.0ha)
昭和61年10月24日
第2回線引き見直し
臨海部分の追加指定(面積1,178.0ha)
平成5年2月1日
第3回線引き見直
臨海部分の追加指定(面積1,227.0ha)
平成13年3月16日
第4回線引き見直し
臨海部分の追加指定(面積1,229.0ha)
平成18年3月17日
第5回線引き見直し
臨海部分の追加指定(面積1,367.0ha)
平成23年3月29日
第5回線引き見直し
臨海部分の追加指定(面積1,431.0ha)

 

お問い合わせ
都市づくり政策課

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか

※当フォームは、返信不可能のため、ご質問にはお答えすることができません。