森林環境譲与税の使途について

更新日:2021年09月29日

森林環境譲与税について

平成31年4月1日に「森林環境税及び森林環境譲与税に関する法律」が施行されたことに伴い、令和元年度より、国から市町村及び都道府県に対し、「森林環境譲与税」の譲与が開始されました。森林環境譲与税は、市町村においては、間伐や人材育成・担い手の確保、木材利用の促進や普及啓発等の「森林整備及びその促進に関する費用」に充てることとされています。

泉大津市における森林環境譲与税の使途について

森林環境税及び森林環境譲与税に関する法律第34条第3項の規定に基づき、泉大津市における森林環境譲与税の使途を公表いたします。

令和2年度森林環境譲与税の使途内訳
事業名 内容 事業総額(千円) うち譲与税額(千円) うちほかの財源(千円)
森林環境譲与税基金積立事業 森林整備及びその促進に要する経費の財源に充てるため、泉大津市森林環境譲与税基金に積み立てを行う。 6,088 6,088 0

 

みなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか
このページに関してのご意見がありましたらご記入ください。

当フォームは、返信不可能のため、ご質問にはお答えすることができません。