地方公営企業法の財務規定等の適用について

 本市下水道事業は、令和2年4月1日に地方公営企業法の一部(財務規定等)を適用し、公営企業会計に移行しました。

 これまでの官庁会計から複式簿記・発生主義に基づく企業会計方式を導入することにより、事業の経営成績及び財政状況を明確にし、持続可能な下水道事業の経営を目的とするものです。なお、業務内容や組織体制に変更はありません。

お問い合わせ
下水道課総務係

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか

※当フォームは、返信不可能のため、ご質問にはお答えすることができません。