自転車安全利用五則を守りましょう

更新日:2022年06月30日

近年、環境への配慮や健康意識の高まりから自転車を利用する方が増えています。その反面、自転車が原因となる事故の割合も増えています。 自転車は自動車と同じ「車両」です。事故を起こしたり、危険行為を行ったりすれば車やバイクと同じように道路交通法の罰則が適用されます。 自転車に乗るときは、自転車安全利用五則を守り、交通事故をなくしましょう。

1.自転車は、車道が原則、歩道は例外

自転車は道路交通法上、軽車両と位置づけられています。したがって、歩道と車道の区別のあるところでは、自転車は車道通行が原則です。 自転車が歩道を通行できるのは次の場合です。 〇道路標識等で指定された場合 〇運転者が13歳未満の子どもや70歳以上の高齢者、体の不自由な方 〇道路工事や車道が交通混雑で危険な場合

2.車道は左側を通行

自転車は車道の左側に寄って通行しなければなりません。

3.歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行

歩道では、すぐ停止できる速度で、歩行者の通行を妨げてはいけません。

4.安全ルールを守る

〇飲酒運転禁止 〇二人乗り禁止 〇並走の禁止 〇夜間はライト点灯 〇交差点での信号機遵守と一時停止・安全確認 〇傘差し運転等の禁止 〇運転中の携帯電話使用等の禁止

5.ヘルメットを着用

令和4年4月に成立した道路交通法改正により、全世代の方にヘルメットの着用が努力義務になります。

自転車運転者が危険行為を繰り返すと講習を受けるように命令が出されます。

この記事に関するお問い合わせ先

土木課
電話番号:0725-33-1131(代表) ファクス:0725-22-6040
みなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか
このページに関してのご意見がありましたらご記入ください。

当フォームは、返信不可能のため、ご質問にはお答えすることができません。