毎日の食事で免疫力を高めよう!

更新日:2021年11月05日

「免疫力」とは、ウイルスや病原菌から体を守る防御能力のこと。

免疫力は、食事の偏りや運動不足、睡眠不足など生活習慣の乱れやストレスによって低下します。免疫力を低下させないためにも、現在の生活習慣や食生活を見直し、病気に負けない体づくりに取り組みましょう。

免疫力を高めるために重要なのは腸☆

近年、免疫力を高めるために腸が重要な働きをしていることが明らかになってきています。腸は、口から食べた食べ物を消化吸収する場所ですが、体内に入ってくる食品とともにウイルスや病原菌などが侵入してくるリスクが高い場所でもあります。それ故に、腸の壁の内側には免疫をつかさどっている免疫細胞が集中しており体全体の約7割が腸に集まっています。

だからこそ、免疫力を高めるためには、腸の状態を良好に保つことが重要なポイントなのです。

腸の働きを活発にするためにまず大切なのは、規則正しく食事をとること。しっかり3食食べることが大切です。朝寝坊して朝食を欠食するなんてもってのほか!

次に大切なのは栄養バランスの良い食事をとること。特に発酵食品や食物繊維、細胞の主要な成分となるたんぱく質、抗酸化作用の強いビタミンやミネラルなどを十分に含んだ食事をとるようにしましょう。

・発酵食品・・ヨーグルト、納豆、みそetc
・食物繊維・・根菜類、きのこ、野菜、穀類etc
・たんぱく質・・肉、魚、豆腐、卵etc
・ビタミン、ミネラル・・緑黄色野菜、果物、海藻etc

********************************

ホットプレートで簡単!ちゃんちゃん焼き

お休みの日に楽しめるメニューを紹介。免疫力アップ食材をふんだんに使用したパーティーメニュー。家族でワイワイ食卓を囲みましょう。お一人分ならアルミホイルを使って包み焼きに。

=材料4人分=
生鮭4切れ、キャベツ1/3玉、玉ねぎ1個、にんじん1/3本、きのこ1パック、バター30g、みそ100g、砂糖40g、料理酒60cc(分量は目安です。味付けはお好みで調整を)

=作り方=
1.野菜を食べやすい大きさに切っておく。

2.加熱したホットプレートにバターを溶かし、鮭を並べる。片面が焼けたらひっくり返し、ホットプレートの中央に集める。

3.まわりに切った野菜を敷き詰め、ふたをして蒸し焼きにする。野菜がやわらかくなったらふたを取り、合わせた調味料をかける。

4.鮭をほぐしながら野菜と混ぜ合わせたら出来上がり。

この記事に関するお問い合わせ先

〒595-0013 泉大津市宮町2番25号 健康づくり課(保健センター)
電話番号:0725-33-8181 ファクス:0725-33-4543
みなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか
このページに関してのご意見がありましたらご記入ください。

当フォームは、返信不可能のため、ご質問にはお答えすることができません。