障がい者虐待

平成24年10月1日から「障害者虐待の防止、障害者の養護者に対する支援等に関する法律」(障害者虐待防止法)が施行されました。

 この法律は、障がい者を虐待という権利侵害から守り、尊厳を保持しながら安定した生活を送ることができるように支援することを目的として整備されました。

虐待の通報・相談

虐待は特定の人や特定の場所で起こるものではありません。本人が気付かないうちに虐待していることや虐待を受けている人も虐待を受けているという認識がないために被害を訴えられないこともあります。障害者虐待防止法では家庭、障がい者福祉施設、職場において虐待を見つけた人は、市への通報が義務付られています。障がい者の安定した生活や社会参加を助けるために、虐待の防止に努めましょう。

 なお、本市においては、障がい福祉課が「泉大津市障がい者虐待防止センター」として、障がい者に関する虐待の通報窓口や相談等の業務を担っています。

障がい者虐待の例

身体的虐待・・・・叩く、ける、つねる、縛り付ける、閉じ込める等

性的虐待・・・・・わいせつな行為をすること、させること等

心理的虐待・・・・どなる、ののしる、仲間はずれにする、無視する等

放棄・放任・・・・食事を与えない、必要な医療を受けさせない、長時間の放置等

経済的虐待・・・・年金や賃金を渡さない、勝手に財産を処分したり預貯金を使う等

お問い合わせ
障がい福祉課

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか