住宅改造助成

在宅の重度障がい者等が、住み慣れた地域で自立し、安心して生活できるようにするため、日常生活の最も基礎となる住宅について、心身の状況により改造が必要な場合に改造費用を助成することにより、重度障がい者等の生活の利便の増進を図ります。(※改造工事着手前にご相談ください。)

対象者
〇肢体若しくは視覚障がい1・2級の者又は、体幹若しくは下肢機能障がい3級の者がおられる世帯
〇重度の知的障がいの者がおられる世帯         
         
助成対象工事        
居住の用に供する住宅の玄関、廊下、浴室、便所、台所、居室等の改造事業         
         
助成対象経費
限度額 20万円
         
助成金の額
・ 生活保護世帯及び前年分の所得税が非課税の世帯 全額         
・ 前年分の所得税が4万円以下の世帯 3分の2         
・ 前年分の所得税が7万円以下の世帯 2分の1