農地法第4条・第5条届出の手続き

市街化区域内で農地を転用する場合には、農業委員会にあらかじめ届出を行う必要があります。この届出を行わないで、無断で農地を転用した場合や転用届出に係る事業計画どおりに転用していない場合等には、農地法に違反することなり、工事の中止や原状回復等の命令がなされる場合があります。

転用届出書(様式)について

転用届出書は、農業委員会事務局に用意してあります。

また下記にダウンロード様式もありますので、ご利用ください。

農地法第4条の農地転用について(権利移動を伴わない転用)

 

農地法第4条の農地転用について(権利移動を伴わない転用)
届出できる人 農地所有者
受付場所 市役所本庁舎3階 農業委員会事務局
受付時間 開庁時間内 随時
届出に必要なもの

1.届出書(印鑑は認印を使用)

2.土地登記簿謄本

3.公図写

4.案内図(住宅地図など)

手数料 無料
備考

届出書の提出者が本人以外の場合は、委任状の添付が必要です。

届出書を提出する前に、必ず事務局へ事前連絡をしてください。

問い合わせ先 農業委員会事務局

 

農地法第5条の農地転用について(権利移動を伴う転用)

 

農地法第5条の農地転用について(権利移動を伴う転用)
届出できる人 農地を持っていない人(または法人)が、転用を目的に農地の所有権または賃借権等を取得する場合で、その権利取得予定者および農地所有者の2者共同で届出
受付場所 市役所本庁舎3階 農業委員会事務局
受付時間 開庁時間内 随時
届出に必要なもの

農地譲受(借受)人が個人の場合

1.届出書(譲り渡し人は、実印を使用)

2. 譲り渡し人の印鑑証明書

3.土地登記簿謄本

4.公図写

5.案内図(住宅地図など)

6.都市計画法に基づく開発行為の許可が必要な場合は、その許可書の写し

農地譲受(借受)人が法人の場合

1.届出書(譲り渡し人は、実印を使用)

2. 譲り渡し人の印鑑証明書

3.土地登記簿謄本

4.公図写

5.案内図(住宅地図など)

6.法人登記簿謄本

7.都市計画法に基づく開発行為の許可が必要な場合は、その許可書の写し

手数料 無料
備考

届出書の提出者が本人以外の場合は、委任状の添付が必要です。

届出書を提出する前に、必ず事務局へ事前連絡をしてください。

問い合わせ先 農業委員会事務局

 

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。
お問い合わせ
農業委員会事務局

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか

※当フォームは、返信不可能のため、ご質問にはお答えすることができません。