コロナに負けるな お口の健康「唾液ってすごい」

更新日:2021年06月30日

新型コロナウイルスの感染予防は、「手洗い」、「うがい」が推奨されていますが、実はまだまだあるんです。

その1つは、「お口の健康」です。

 

今は外出ができず、お友達とも会えない→おしゃべりできない→お口を動かす回数が減る→乾燥しがちになり、細菌が繁殖しやすくなります。

歯磨きはもちろんですが、お口の乾燥や細菌の繁殖を防ぐには、唾液をだすことが1番です。

高齢介護課所属の歯科衛生士が、お家にいてもできる「お口の健康」について、紹介します。

手洗い・うがいをしましょう。

食事前の効果的なお口の体操!食べる機能を高めましょう!!

【舌のぐるぐる体操】

舌を動かすことにより、唾液がでやすくなり舌の力もつき、飲み込みがスムーズになります。

(やり方)

1.唇をしっかり閉じます。

2.舌を、唇と歯ぐきの間をゆっくり「右回し」、「左回し」と10回ずつ回してみましょう。

どうですか? 唾液がでて舌を回すだけでも、しんどいですね。 しんどいくらいがちょうどいいんです。

 

【発声練習】

食事をするときの筋肉を動かすある言葉を言ってみましょう。

そのある言葉とは「パンダの宝物」です。パ・ン・ダ・の・た・か・ら・も・のを言うことでむせにくくなり、スムーズに食事ができるようになります。

(やり方)

1.はっきりと力強く発声してみましょう。

2.連続20回は言いましょう。

この2つの体操を、食前の30分前や気づいたときに食事の準備体操としてやってみましょう。

 

 

早口ことばにチャレンジ! かまないで、いえるかな

「なまむぎ、なまごめ、なまたまご!!!!」

子どものころに言ったり、お子さんやお孫さんとの遊びの中で、そういえば言い合いっこしたなぁなんて、思い出がある方も多いかと思います。

早口ことばは、お口の体操になり、かつぜつが良くなり、唾液がよく出ます。

 

【早口ことば】

「なまむぎ、なまごめ、なまたまご」を3回、早口で言ってみましょう。

 

※「ぱんだのたからもの」と、「早口ことば」については、感染予防の観点から、お家でいる時や1人の時に言ってみてください。

 

食事前の体操や早口言葉を毎日続けると、お口が健康になり、食事をする時に、むせにくくなります。

そして、お口の体操を始める前と後に、にっこりと笑って笑顔を作ってください。作り笑顔でも大丈夫です。

笑顔も、免疫力をアップさせることが分かっています。

毎日のちょっとした心がけ(お口の健康)で、心身の健康を保ちましょう!!

 

お口を清潔に!

この記事に関するお問い合わせ先

高齢介護課
みなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか
このページに関してのご意見がありましたらご記入ください。

当フォームは、返信不可能のため、ご質問にはお答えすることができません。