(仮称)新泉大津市立病院基本設計概要を公表します

 

 市では、将来の医療需要を踏まえた持続可能な医療提供体制を構築するため、泉大津市立病院と地理的に近接し、かつ機能的にも重複する府中病院との病床機能の統合・再編、ネットワーク化の実現に向けた取組みを進めています。

 

 この一連の取組みの中で、現在の府中病院と泉大津市立病院から高度急性期・急性期機能を集約した病床数300床の(仮称)新泉大津市立病院の建設を目指し、基本設計業務を令和2年度において進めてきましたが、この度、その概要を取りまとめましたので公表します。

 

 新たに建設する病院は公設民営とし、地域の中で高度化・専門化した分野の医療を主として担い、救急・災害医療、感染症対策を強化した病院として令和62024)年度早期の竣工を予定しています。

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。
お問い合わせ
政策推進課

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか

※当フォームは、返信不可能のため、ご質問にはお答えすることができません。