新型コロナウィルスに関する市長メッセージ 5/7


市民の皆さまへ

 新型コロナウイルス感染拡大防止のために外出自粛要請が続く中、市民の皆様と事業者の方々には、行動制限へのご理解とご協力をいただいておりますことにあらためて感謝申し上げます。
この連休期間中、連日市内を巡回したところ、人出、人通りも少ないことが確認でき、工夫して過ごされた一方で、大変な我慢やご苦労をおかけしたことだと思います。
  また、医療や介護、福祉、公共交通や生活必需品の流通など、最前線の現場で私たちの暮らしのために働いてくださる皆様に、深い感謝と心からのお礼を申し上げます。

 国は「緊急事態宣言」を5月31日まで延長することを決定しましたが、大阪府は、引き続き「特定警戒都道府県」の一つに含まれており、5月は収束のための1か月とされています。本市においても、学校園の休業や公共施設の閉館等を原則5月31日まで延期させていただきます。
 府からは、独自の基準に基づく「大阪モデル」が発表され、解除基準となる3つの指標が示されるなど、少しではありますが、出口も見えてきたところです。しかし、ここで緩めることなく、しっかりと感染予防に努めなければなりません。

 こうした中、市民の皆さまの生活には深刻な影響が生じています。このため、市民生活への緊急的な経済対策として、国・府の支援策、商工会議所と連携した「がんばる企業応援サイト」の立ち上げ支援による地元消費喚起策のほか、水道の基本料金6か月分を無料とするとともに、幼稚園、保育所、認定こども園(3~5歳)、小・中学校の給食費の無償化、全世帯へのごみ袋無料配布を実施、また学習支援として、オンライン家庭学習支援システムの導入を進めるなど、市独自の緊急支援を進めてまいります。また、市では、生活にお困りの方のご相談を受け解決に向けた支援を行う「市民生活応援窓口」を設置しており、住宅確保給付金などの制度もございますので、ぜひご活用いただければと思います。

 なお、国の「特別定額給付金」は、お待たせをしておりますが、オンラインでの申請を明日5月8日から開始するとともに、5月21日より順次全世帯に郵便で申請書をお届けする予定です。できる限り早く皆様のお手元に届けられるよう努力をしていきますので、どうかご理解をよろしくお願いします。

 対策は、第2波、第3波を想定した中で引き続き必要な対策を講じていきます。中長期になることを覚悟の上で、市民の皆さまの命と健康、生活を守るために最大限の努力を続けてまいります。ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

                         令和2年5月7日
                         泉大津市長 南出 賢一

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか

※当フォームは、返信不可能のため、ご質問にはお答えすることができません。