新型コロナウィルスに関する市長メッセージ 4/7

【緊急事態宣言が発令されました】

市民の皆さまへ

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、これまでの間の皆様のご協力に心から感謝を申し上げます。

 東京都や大阪府など7都府県を対象に、「緊急事態宣言」が発令されました。
大変不安に思われていることと思いますが、正しく理解をし、一人一人が理性と節度をもった行動をすることで、混乱を防ぎ、感染予防ができ、感染拡大は抑えられます。
 どうか、最後までお読み頂けると嬉しいです。

 まず、緊急事態宣言が発令されても、食料をはじめとした生活必需品の購入のための外出はできます。買いだめや買い急ぎをせず、落ち着いて行動してください。
 現在、いつ感染の爆発的増加が起きてもおかしくない状況ですので、以下の点を注意してください。

 ・三密(換気の悪い密閉空間、多数の人が密集すること、密接して会話をすること)を避けることを、引き続き意識してください。

・手洗い、うがいをするとともに、汚れた手で顔に触れたりすることを意識的にしないように気を付けてください。

 ・咳エチケットはもちろんのこと、飛沫感染を防ぐためにもマスクの励行もあわせてお願いします。新型コロナウイルスはかかっても無症状の場合もあるようです。

 自分を守ることは、大切な人を守ることに繋がります。

 公共施設については休館の延期となり、不要不急の外出についても引き続き自粛のご協力をお願いすることになりますが、リフレッシュもしてみてください。室内で工夫して過ごすことも大事ですが、時折、外の空気を吸うことも大切です。軒先に出たり、たまには散歩もしてください。

 事態が長期化するにつれ、心理的不安、心身の健康維持、経済的不安、子どもの過ごし方等、色んな問題が生じることを懸念していますが、市民の命と健康、そして生活を守るべく、最善を尽くします。

 一人一人が考えて過ごすこと、家族で協力する、友達、近所での声掛けや励まし合い等々、みんなの力が試されています。特に医療現場では、命をかけて懸命に頑張ってくれている方々が多くおられます。医療現場は今、ぎりぎりの状態で戦っています。感染拡大の防止でしか、今の医療現場の崩壊を防ぐ術はありません。 現在、世界各国でワクチンや治療薬の開発が急がれていますが、まだまだ時間を要しそうです。

 ここで私が一つポイントだと思うことは、この際に、生活を見直すチャンスでもあるということです。例えば、免疫を上げること、体力をつけること。そのために、食生活を変えてみる、毎日5分でも運動をする等々、日々コツコツの努力、自分の意識次第でできることがあると思うのです。

 自分を守ることは、大切な人を守ること。この意識をもって一人一人が考えて過ごすことで、感染拡大を緩やかにしていくことは可能です。少し余裕のある人(企業)が、自分のできる貢献活動をしてくださることで、助かる人、救われる人がきっといます。

 どうか、力を合わせて、互いに励まし合いながら、皆さんと共にこの難局を乗り越えていきたく思います。全身全霊で取り組んで参りますので、引き続き、ご理解とご協力をお願い申し上げます。
 

令和2年4月7日
泉大津市長 南出 賢一

 

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか

※当フォームは、返信不可能のため、ご質問にはお答えすることができません。