泉大津市立地適正化計画

泉大津市立地適正化計画(令和2年3月公表)

 我が国の都市における今後のまちづくりは、人口の急激な減少と高齢化を背景とし、医療・商業施設や住居等がまとまって立地し、あらゆる世代の住民が、徒歩や自転車、公共交通により、それらの生活利便施設等にアクセスできるなど、「コンパクトシティ・プラス・ネットワーク」の考え方に基づくまちづくりを進めることが重要です。そのような背景を踏まえ、平成26年に都市再生特別措置法が改正され、市町村は、「立地適正化計画」を策定することが可能となりました。

 そこで、本市においても、50年100年後の将来を見据え、持続可能な都市経営を実現するために、この度、泉大津市立地適正化計画を策定しました。

 

 

届出制度について

 泉大津市立地適正化計画の公表に伴い、計画に定める誘導区域内外において、次の行為を行う場合は、都市再生特別措置法第88条、第108条、第108条の2に基づき、工事に着手する30日前までに市長への届出が必要となります。

 ・居住誘導区域の区域外で行う、一定規模以上の住宅の建築又は開発行為

 ・都市機能誘導区域の区域外で行う、誘導施設の建築又は開発行為

 ・都市機能誘導区域の区域内で行う、誘導施設の休廃止

 

居住誘導区域図
都市機能誘導区域図

策定の経緯

平成31年3月19日(火曜日)

  国土交通省近畿地方整備局を招き、制度について、庁内勉強会を開催しました。

令和元年10月18日(金曜日)

  第1回庁内会議を開催しました。

令和元年11月26日(火曜日)

  令和元年度第1回泉大津市都市計画審議会において、素案の説明を行い、審議していただきました。

令和2年1月16日(木曜日)

  第2回庁内会議を開催しました。

令和2年2月10日(月曜日)

  令和元年度第2回泉大津市都市計画審議会において、案の説明を行い、審議していただきました。

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。
お問い合わせ
都市づくり政策課

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか

※当フォームは、返信不可能のため、ご質問にはお答えすることができません。