発達支援

泉大津市ではライフステージが変わっても支援が途切れることなく、ライフステージに応じた支援を受けることができるシームレスケアをめざしています。

「発達支援担当」

平成27年4月から「発達支援担当」を設置し、発達に支援が必要なお子さんの成長をサポートし、ご家族が安心して子育てできるよう、また、入園、就園、就学など、ライフステージが変わっても支援が途切れることのないよう、継続して相談できる体制づくりを行っています。ことばをしゃべるのが遅い、集中しにくいなど、発達に関する心配事があれば、お気軽にご相談ください。

 

<主な業務内容>

1.発達相談

発達相談員が個別に相談をお受けします。お子さんの様子や困りごとをお聞きし、お子さんの特性を理解したうえで、ご家族と一緒によりよい支援内容を考えます。また、在宅から就園、就学などお子さんの所属機関が変わっても引き続き相談をお受けします。

 

2.関係機関と連携を図り支援をコーディネートします

保育所、幼稚園、認定こども園、小学校、医療機関など、お子さんが関わる機関や担当者と連携を図ることで、お子さんの発達を「みんなで支援する環境」を整えます。また、ご希望に応じてお子さんが所属する保育所、幼稚園、認定こども園などに訪問し発達相談を行います。

→ 関係機関同士のスムーズな連携のため、「わたしノート」(個別の発達支援サポートブック)の活用をすすめています。(平成28年度改訂)

 

3.家族への支援を行います

発達相談員による発達相談のほかに、保健師による育児相談や家庭訪問、同じ悩みをもつご家族同士の交流会など、ご家族への支援も行っていきます。

 

相談するには

子育て応援課・発達支援担当へお電話ください。面接(要予約)もしくは、電話での相談をお受けします。

「わたしノート」(個別の発達支援サポートブック)

お問い合わせ
子育て応援課

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか

※当フォームは、返信不可能のため、ご質問にはお答えすることができません。