6)災害(さいがい)にそなえて

平成7年1月17日に起きた阪神・淡路大震災(はんしん・あわじだいしんさい)では、水道管や水道の施設(しせつ)がこわれて水が使えなくなり、多くの人々がこまりました。
 そこで上下水道局では、地震(じしん)などの災害に強い水道施設や飲料水兼用耐震性貯水槽などをつくっています。

飲料水兼用耐震性貯水槽(いんりょうすいけんようたいしんせいちょすいそう)

地下に100m3の水をためておくタンクをつくってあるので、地震などでまわりの水道管がこわれても消火活動や飲料水として使うことができます。
 現在(げんざい)、田中町の中央商店会駐車場と助松町小津中学校校庭の2ヶ所に設置されています。

お問い合わせ
水道課