1)水道のあゆみ

 

泉大津市の水道は、昭和4年(1929年)にできました。 それまでは井戸の水を使っていましたが、井戸水にはバイキンやゴミがまじったりして衛生的によくないうえ、夏には井戸水がかれたりして、人びとはたいへんこまりました。 そこで、安心して使える水道をつくろうということになりました。
 水道がはじめてできたとき、水道を使っていた人は6,000人ほどでしたが、今では約78,000人の人びとが水道を使っています。

大阪から名古屋

市内の配水管(はいすいかん)をつなぎ合わせるとその長さが、
なんと泉大津から名古屋までのきょりにひとしい約240kmにもなります。

お問い合わせ
水道課