泉大津市庁舎等用地活用に関するサウンディング型市場調査を実施します。

更新日:2022年06月13日

  泉大津市では、平成26年12月に「誰もが利用しやすく誰もが集える公共施設」を基本理念(めざす姿)として「泉大津市公共施設適正配置基本方針(公共施設の現状と今後の基本的な考え方)」(以下「基本方針」と言う。)を策定し、その基本理念の実現に向け平成29年9月に「泉大津市公共施設適正配置基本計画」を策定し、市有施設の整備・更新に取り組んでいるところです。

基本方針の「公共施設適正配置の全体方針、基本方針3:民間事業者や市民と連携し、公共サービスの質の向上を図る。(サービスの維持・向上)」に基づき、公民連携の取り組みによる、公共施設の整備・更新や公共サービスの効率化・質的向上の効果を期待し、市場性等を把握するため、サウンディング型市場調査を実施します。

 

●調査名称 泉大津市庁舎等用地活用に関するサウンディング型市場調査

●調査対象

    1.泉大津市役所(職員会館・旧水道庁舎)

          所在地:泉大津市東雲町地内 敷地面積 7,074.81平方メートル

   2.泉大津市教育支援センター

         所在地:泉大津市戎町地内 敷地面積 3,436.43平方メートル

●スケジュール

  •   公            表:令和4年6月13日(月曜日)
  •   申し込み受付:令和4年6月13日(月曜日)から7月1日(金曜日)まで
  •   実 施 (対 話):令和4年7月7日(木曜日)から7月15日(金曜日)まで
  •   概  要  公  表:令和4年7月(予定)

 


サウンディング型市場の実施結果を公表します。

今後は、いただいた提案等を参考に、利活用・整備の方向性、発注方法の検討等、引き続き条件整理を行っていきます。

この記事に関するお問い合わせ先

資産活用課