「日本一の毛布のまち」泉大津市

 泉大津市は、大阪の南部に位置し、古くから毛布やニットといった繊維産業を中心に商工業が発展してきた街です。特に毛布に関しましては、その歴史も古く、明治20年、泉大津の地において日本で初めてとなる毛布が製造されました。

 現在でも、国内で生産されている毛布の約90%が泉大津市で生産されており、「日本一の毛布のまち」となっています。

 平成29年には、日本での毛布生誕130年を記念し、

“大切な人にぬくもりを届ける”をキャッチコピーに、

『毛布の日』が11月20日に制定されました。

 「日本一の毛布のまち」の毛布の魅力や泉大津市の技術を皆さんに知っていただくために、動画などを通して魅力を発信していきます。

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか

※当フォームは、返信不可能のため、ご質問にはお答えすることができません。