事務事業評価とは

事務事業評価の目的

 本市では、以下の目的で事務事業評価を実施しています。

事務事業の現状認識と職員の意識改革

 事務事業評価シートを作成することにより、事務事業の現状について再認識でき、その過程で職員の目的意識、コスト意識等の意識改革を図るとともに、いままで以上に「成果」や「コスト」に着目した事業立案能力の向上を図ります。

成果志向による行政運営

 事務事業の実施目的の進捗状況を測るための数値目標を設定し、どれだけの成果があったかという視点で評価・検証することにより、効果的な行政運営を進めます。

マネジメントサイクルの確立

 事業を計画・実施する部門が自ら評価し、改善に結びつけるPDCAサイクルを行政運営に取り入れることにより、限られた人員や予算を有効に、効率的に活用します。

アカウンタビリティの向上

 評価結果を市民に公表することにより、行政の透明性を高めるともに、市の説明責任を履行します。

事務事業評価の方法

 本市が前年度に実施した事務事業について、各事務事業の担当課長が、事務事業評価シートを使って自己評価を実施し、その内容を市ホームページ上で公表しています。 

お問い合わせ
政策推進課

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか

※当フォームは、返信不可能のため、ご質問にはお答えすることができません。