非核平和都市宣言

非核平和都市宣言について

本市は、核兵器の廃絶と世界の恒久平和を願い、「非核平和都市」を宣言しています。


非核平和都市宣言

世界の恒久平和は、人類共通の念願である。

しかるに、核軍備拡大競争は果てしなく続けられ、人類の生存に脅威をあたえている。

平和なくしては、市民の誇りと願いをこめた「市民憲章」のめざす明るく豊かな生活とよりよき社会環境はのぞめない。

よって、わが国の非核三原則が完全に実施されることを願い、すべての核保有国に対し核兵器の廃絶と軍縮を求め、平和を愛する私達のまちとして、泉大津市を「非核平和都市」とすることを宣言する。

昭和59年7月30日

○平和首長会議への加盟について

本市は平和首長会議に加盟しています。

・平和首長会議とは

1982年6月24日、荒木武 広島市長(当時)は、米国・ニューヨーク市の国連本部で開催された第2回国連軍縮特別総会において、世界の都市に国境を越えて連帯し、共に核兵器廃絶への道を切り開こうと呼び掛けました。また、広島・長崎両市は、この呼び掛けに賛同する都市(自治体)で構成する機構として、世界平和連帯都市市長会議(現・平和首長会議)を設立しました。1991年には、国連経済社会理事会のNGOに登録されています。
現在、世界164カ国・地域の7,961都市の賛同を得ています。(2020年10月1日現在)
泉大津市は、2010年に同会議に加盟しています。

○核兵器禁止条約について

核兵器の製造や保有を禁じる核兵器禁止条約は、2017年7月7日、国連で122カ国の賛成多数で採択されました。
同条約は50カ国が批准した90日後に発効することとされており、2020年10月1現在、84カ国が条約に署名し、10月24日にホンジュラスが批准したことにより、批准国が50カ国に達したため、2021年1月22日に同条約が発効することとなります。

 

お問い合わせ
人権くらしの相談課

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか

※当フォームは、返信不可能のため、ご質問にはお答えすることができません。