史跡 池上曽根遺跡と池上曽根弥生学習館(曽根町)

更新日:2021年06月30日

泉大津市曽根町と和泉市池上町に広がる全国有数の弥生時代の大集落遺跡で、昭和51年に中心部約11万平方メートルが国の史跡に指定されました。平成7年の調査で、クスノキのくり抜き井戸と大型掘立柱建物が発見され、全国の注目を集めていました。現在は、この大型掘立柱建物をはじめとし、集落を囲んでいた溝、竪穴住居などが、現地に復元されています。 また、史跡の北隣には、大型掘立柱建物の発掘調査現場の一部を再現した展示や、土器やまが玉づくりが行える体験コーナーを備えた池上曽根弥生学習館があります。

弥生学習館

地図情報

この記事に関するお問い合わせ先

秘書広報課
みなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか
このページに関してのご意見がありましたらご記入ください。

当フォームは、返信不可能のため、ご質問にはお答えすることができません。