大阪市と技術協力に関する連携協定を締結しました(令和2年12月11日)

更新日:2021年07月02日

泉大津市と大阪市は、水道事業に係る技術的業務の相互連携を強化し、両市の水道事業の効率化かつ安定的な運営に資するため、「泉大津市・大阪市 技術協力に関する連携協定」(以下、「連携協定」という。)を12月10日(木曜日)に締結しました。 今後は、両市で連携し老朽化した配水管の早期更新に向け検討するとともに、こうした都市間連携を一層強化し、水道事業の基盤強化に努めてまいります。

  1.  協定締結日 12月10日(木曜日)
  2.  協定の締結者
    泉大津市水道事業 代表者 泉大津市長 南出 賢一
    大阪市 大阪市水道事業管理者 大阪市水道局長 河谷 幸生
  3. 連携協定の目的

泉大津市と大阪市が、水道事業に係る技術的業務の連携を強化し、相互補完により相乗効果を発揮させることで、両市の水道事業を将来にわたって、より効率的かつ安定的に運営することを目的としています。

協定連携のようす

   

この記事に関するお問い合わせ先

水道課
みなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか
このページに関してのご意見がありましたらご記入ください。

当フォームは、返信不可能のため、ご質問にはお答えすることができません。