ユニバーサル ミュージック合同会社と連携協定を締結(令和3年10月22日)

更新日:2021年10月22日

BGMの導入による実証実験を実施

 泉大津市(市長:南出賢一)は、令和3年10月14日にユニバーサル ミュージック合同会社(東京都渋谷区 藤倉尚社長兼最高経営責任者)と「連携協力に関する協定書」を締結しました。

 本連携協定では、ユニバーサル ミュージックが提供するBGM配信サービス「Smart BGM※」を市役所や市立図書館において導入し、来庁者や図書館利用者のストレス対策とサービス向上、そして、市職員の業務効率改善効果に関する実証実験を行い、次年度以降のBGM本格導入を検討します。また、ワクチン接種会場においても「Smart BGM」を導入し、ワクチン接種前後の緊張緩和を図ります。

 ユニバーサル ミュージックは、今回の実証実験によりBGMが持つ「マスキング効果」「イメージ誘導効果」「行動誘導効果」等を検証し、「BGMの価値」を向上させることで今後の事業展開に結び付けていくことを狙いとしています。

 本実証実験は、10月23日(土曜日)から市内施設で順次実施し、12月下旬を目途に検証結果の中間報告を市ホームページなどで行う予定です。

※Smart BGM

 ユニバーサル ミュージックグループが保有する豊富なメジャー楽曲やBGM用音源を使用した質の高いプレイリストをBGMとして利用できる定額制音楽サービス

この記事に関するお問い合わせ先

秘書広報課