株式会社HCIと事業連携協定を締結しました(令和3年6月8日)

~ロボットシステムを活用し図書館業務をオートメーション化~

 大阪府泉大津市は、R3年秋、泉大津駅商業施設「アルザ泉大津」4階に図書館(シープラ)をオープンする。このシープラが課題としている「不明本の検索」、「予約本のピッキング」、「蔵書点検」等の業務について、オートメーション化を目指した実証実験を実施するため、「株式会社HCI」(大阪府泉大津市、奥山剛旭代表取締役社長)と「ロボットを活用した事業連携に関する協定」を令和3年6月8日に締結しました。

 

以下、調印式における泉大津市・南出市長と株式会社HCI・奥山社長のコメント

泉大津市 南出賢一(みなみで けんいち)市長

「今回の連携を皮切りに、図書館を従来の使い方だけではなく、実証実験を行うフィールドやショールームとして、民間事業者の皆さんにも活用してもらえる空間としていきたい。全国にある約4,000の図書館では同様の課題を抱えていると考えており、今回の連携が全国の図書館へと横展開できるような取組みになることを期待するとともに、今後、泉大津市を「ロボットのまち」、「実証実験都市」として発信していく。」

 

株式会社HCI 奥山剛旭(おくやま たかてる)代表取締役社長

「『泉大津市をロボットのまちに』と言ってきたが、今回の協定がその第一歩となることを期待している。まずは図書館において、本の運搬や不明本のピッキングといった、図書館職員が膨大な時間を取られている作業を、ロボットによる独自に開発する図書館システムの導入によって解決し、もっとクリエイティブな作業に時間を割いてもらえるように貢献したい。」

お問い合わせ
秘書広報課

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか

※当フォームは、返信不可能のため、ご質問にはお答えすることができません。