「2013年フィリピン台風救援金箱」を設置(平成25年11月13日)

更新日:2021年08月05日

フィリピンの台風被害に対し、市役所などに「2013年フィリピン台風救援金箱」を設置

 泉大津市では、台風30号で甚大な被害を受けたフィリピンの被災者を支援するため救援金箱を設置、受け付けを始めた。

 救援金箱は、市役所1階受付や各窓口、保健センターに11月13日から当分の間設置、集まった救援金は、日本赤十字社を通じてフィリピンに送られる予定。

 市では「被災されました方々の一日も早い復興を願い、皆様の温かいご支援、ご協力をお願いいたします」と呼びかけている。

この記事に関するお問い合わせ先

高齢介護課
みなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか
このページに関してのご意見がありましたらご記入ください。

当フォームは、返信不可能のため、ご質問にはお答えすることができません。