米寿のお祝いに泉大津市特産の毛布をお届け(平成25年9月13日)

更新日:2021年08月05日

 「いきいき」敬老の日を祝う

泉大津市では、市内在住の88歳の人を対象に、米寿のお祝い品として、本市特産品の毛布を届ける。

 これは、同市の福祉事業の一環として企画され、特産品毛布は、宅配便で16日の敬老の日にあわせ、対象者の自宅に届く予定。今年度の対象者は、大正13年9月17日から大正14年9月16日生まれの205人。地元特産品を贈呈する企画は、日本毛布工業組合(泉大津市旭町22-65、森口和信理事長)の協力で実現。毛布組合担当者は「まだまだ長生きしてもらえるよう、ひざ掛け毛布で癒されて」と語っていた。

この記事に関するお問い合わせ先

高齢介護課
みなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか
このページに関してのご意見がありましたらご記入ください。

当フォームは、返信不可能のため、ご質問にはお答えすることができません。