市民から1億円の寄付(平成24年3月28日)

更新日:2021年08月19日

「高齢者などの社会福祉事業に役立てて」と市民から1億円の寄付

感謝状を手に記念撮影

写真左が神谷市長、右が八木稔氏

 泉大津市在住の八木稔(やぎみのる)・利武(としたけ)両氏が、高齢者などの福祉事業に役立ててと、泉大津市へ1億円を寄付した。

 3月28日には、同市役所内で両氏と神谷昇泉大津市長ら市関係者が出席のもと寄贈式が行われ、両氏から目録を手渡されたのち、神谷市長から感謝状が贈呈された。

 八木稔氏は、昭和52年、社会の役に立ちたいとの信念から、軽費老人ホーム「めぐみ荘」(同市寿町8番40号)を開設。入所者の生きる意欲を創出し「仲良く楽しく美しく」をモットーに永年ホームを運営し続け、入所者とともに歩んできた。

 泉大津市では、両氏の思いを大切に「八木稔すこやか基金」を創設し、年々増え続ける高齢者などが、住み慣れた地域で生き生きと生活できるような取り組みに役立てていきたいと考えている。

 

この記事に関するお問い合わせ先

高齢介護課
みなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか
このページに関してのご意見がありましたらご記入ください。

当フォームは、返信不可能のため、ご質問にはお答えすることができません。