熊本地震にかかる透析患者の受け入れについて(平成28年4月18日)

更新日:2021年07月20日

 泉大津市では、今回の地震に関し、現地で透析を必要とされている方に対して、市全体で受け入れる準備ができた。

 泉大津市には、北九州新門司港との間に阪九フェリーが運航されており、泉大津市立病院での透析治療及び市営住宅を利用した受け入れを実施することを想定している。

 これは、東日本大震災の際、透析患者の治療、受け入れが課題となっていたことを受け、泉大津市立病院がなんらかの対策ができないかと検討した結果。

 今後、関係機関を通して、現地の患者の受け入れを呼びかけていきたいと考えている。

この記事に関するお問い合わせ先

〒595-0027 泉大津市下条町16番1号 市立病院事務局総務課
電話番号:0725-32-5622(代表) ファクス:0725-32-8056
みなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか
このページに関してのご意見がありましたらご記入ください。

当フォームは、返信不可能のため、ご質問にはお答えすることができません。