新たな災害時の協定について

更新日:2021年06月30日

2月17日水曜日、毛布や繊維の企業が加盟する「日本毛布工業組合」と、災害時の毛布等の供給に関する災害協定を締結しました。 本協定は災害が発生し、毛布が不足する事態となれば、近隣の工場や倉庫から在庫分を避難所に届けていただける内容です。 これは加盟企業が多数市内にあり、泉大津市が国産毛布90%以上を生産している「日本一の毛布のまち」だからこそ実現した協定です。 自助・共助・公助に民間企業との連携「縁助」も加えられ、コロナ時代の新しい安心・安全のまちづくりに取り組んで参ります。  

この記事に関するお問い合わせ先

危機管理課
みなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか
このページに関してのご意見がありましたらご記入ください。

当フォームは、返信不可能のため、ご質問にはお答えすることができません。