災害に備え、22市町「トップ会議」を開催しました。

更新日:2021年08月11日

-市町村広域災害ネットワーク首長会議-

 令和3年8月2日、全国の22市町からなる「市町村広域災害ネットワーク」の首長会議をオンライン形式で開催しました。

 首長会議は、災害が起きてもお互いに支援し合えるよう、トップ同士の「顔の見える」関係づくりを目的としており、加盟自治体の市長らが出席しました。

 会議のテーマは、全国のネットワークを活かした「防災力の強化」。今年は、インターネットやスマートフォンを活用した災害対策を中心に情報交換しました。会議を通して得たことは、災害発生時に皆様へ素早く確実に情報を伝えるため、役所内の災害対応業務を効率化するためなどに役立てます。

 全国各地で自然災害が頻発する中、いつ災害が起きても市民の皆様の安全・安心を守ることができるよう、泉大津市は今後とも各市町との連携を深めてまいります。

首長会議の様子
首長会議の様子