障がい児通所支援

障がい児通所支援として、次の支援を行います。

 児童発達支援

未就学の障がい児に日常生活における基本的な動作の指導、知識技能の付与、集団生活への適応訓練を行います。

医療型児童発達支援

未就学の障がい児(上肢・下肢または体幹の機能に障害のある児童)に児童発達支援及び治療を行います。

放課後等デイサービス

就学中の障がい児に、授業終了後又は夏休み等の休業日に、生活能力の向上のために必要な訓練、社会との交流促進等を行います。

保育所等訪問支援

保育所等に通う障がい児に、その施設を訪問し、集団生活への適応のための専門的な支援等を行います。

居宅訪問型児童発達支援

重度の障がい等で、通所での支援の利用が困難な障害のある児童に対して居宅を訪問して発達の支援を行います。

障がい児通所支援の利用方法

1 障がい児通所支援の利用を希望する場合は、障がい福祉課に障がい児通所給付費の支給申請を行います。申請を行う前に、利用予定の通所施設又は通所事業所に事前に見学及び相談等をしてから申請してください。

申請に必要な持ち物等は、利用形態によって異なりますのでご不明の際は障がい福祉課にお問い合わせください。

2 市から通所給付決定を受けたら、通所受給者証が発行されます(医療型児童発達支援の場合、肢体不自由児医療受給者証も発行されます。)ので、その通所受給者証を持って利用希望する通所施設又は通所事業所と契約を結び、利用開始となります。

3 利用にあたっては、利用に要する費用の1割を利用者が自己負担していただきます。ただし、利用者負担額には上限額があり、市府民税の課税状況によって利用者ごとに異なります。また、利用施設又は利用事業所が別途徴収する費用が発生する場合もあります。

4 サービス支給量を変更する場合、新たにサービスを追加する場合等は申請が必要になりますので、障がい課にお問い合わせください。

お問い合わせ
障がい福祉課

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか

※当フォームは、返信不可能のため、ご質問にはお答えすることができません。