お口の健康と栄養を見直そう(歯ッスル講座)

いきいきした暮らしには、お口の健康が関わっています。

歯や口腔機能を保つことで、健康寿命(元気に自立して日常生活を送ること)に役立つことが明らかになっています。

「歯ッスル講座」では、いつまでもおいしく食事を味わいたい!

最近、固いものが噛みにくくなった!飲み込みにくくなった!お茶や汁物でもむせるのはなぜ?など、知って得するお口に関する講座を歯科衛生士が楽しくわかりやすくお伝えします。

令和元年度は年間に9回の講座です。

【歯ッスル講座】

対象者:65歳以上の市民

日時:1. 12月16日 月曜日 午前10時から11時

      「だ液のパワーってすごい。健口体操」

   2. 1月27日 月曜日 午前10時から11時

      「正しい歯・舌の清掃と入れ歯のお手入れについて」

場所:総合福祉センター 3階

定員:20名

申込:1.2.とも、12月10日火曜日から、高齢介護課窓口か電話で受け付け。

 

ぜひ、ご参加ください。

8020運動達成!

8020運動とは、80歳で20本以上自分の歯を残そうという運動です。

 

泉大津市在住の青山さんが公益財団法人8020推進財団から理事長賞を表彰!

青山さんは「必ず、半年に1回は歯科検診に行っています。固いものも難なく食べることができ。食事で困ることはありません。今後の目標は85歳になっても、このまま20本以上保ちたいです。」とコメントをいただきました。

定期的な歯科検診や、歯ッスル講座などに参加して、お口の健康にも意識を向けましょう。

おめでとう!8020運動達成

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。
お問い合わせ
高齢介護課

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか

※当フォームは、返信不可能のため、ご質問にはお答えすることができません。