届出が必要な時はどんなとき?

加入や変更

退職などで厚生年金や共済年金の加入者でなくなったとき

(配偶者が厚生年金や共済年金の加入者でなくなったとき)
次のものを持って市役所にお越しください。

年金手帳または本人確認できるもの
社会保険資格喪失証明書
印鑑

なお、あわせて国民年金保険料の免除申請を行う場合は、「国民年金の保険料免除制度について」をご覧ください。また、厚生年金や共済年金の加入者である配偶者(夫または妻)の扶養(第3号被保険者)になる場合は、夫または妻の勤務先を通じて日本年金機構へ届出することになります。

厚生年金や共済年金の加入者である配偶者(夫または妻)の扶養でなくなったとき

(例:収入が増えた、離婚したなど)
次のものを持って市役所にお越しください。(自身が厚生年金や共済年金に加入して扶養抹消された場合は除く。)

年金手帳または本人確認できるもの
扶養抹消日を証明する書類
印鑑

付加加入したいとき

(付加保険料を納付したいとき)
次のものを持って市役所にお越しください。

年金手帳または本人確認できるもの
印鑑

60歳以上で国民年金に加入したいとき

次のものを持って市役所にお越しください。

年金手帳または本人確認できるもの
印鑑
通帳とその口座の届け出印
(基本的に口座振替になるため) 

日本国籍を有する人で海外に転出後も国民年金に加入したいとき

次のものを持ってあらかじめ市役所にお越しください。(なお、転出後でも加入はできますので、ご相談ください。)

年金手帳または本人確認できるもの
印鑑
 

国民年金に加入している人が他市区町村から転入してきたとき

次のものを持って市役所にお越しください。

年金手帳または本人確認できるもの
印鑑

任意加入したが、脱退したいとき

次のものを持って市役所にお越しください。

年金手帳または本人確認できるもの
印鑑

厚生年金または共済年金に加入すると、国民年金の資格は喪失されます。市役所への届出は不要ですが、喪失処理時期の都合により納付に関する案内が届く場合があります。

その他

年金手帳の再交付が必要なとき

市役所での受付は第1号被保険者又は任意加入被保険者の方のみです。次のものを持って市役所にお越しください。手帳は後日、日本年金機構からの郵送となります。

運転免許証や健康保険証などの本人確認できるもの
印鑑

お問い合わせ
保険年金課

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか

※当フォームは、返信不可能のため、ご質問にはお答えすることができません。