新型コロナウイルス感染症に伴う保険料の減免について

 新型コロナウイルス感染症の影響を受け、次のいずれかの要件を満たす人は、申請により後期高齢者医療保険料の減免を受けられる場合があります。
 

対象者

◆新型コロナウイルス感染症により、主たる生計維持者が死亡し又は重篤な傷病を負った世帯の被保険者

⇒保険料を全額免除

◆新型コロナウイルス感染症の影響により、主たる生計維持者の収入減少が見込まれる世帯の人で、次の(1)~(3)の全てに該当する被保険者

⇒保険料の一部を減額


主たる生計維持者について、

  1. 事業収入等(事業収入、不動産収入、山林収入又は給与収入)の本年の収入のいずれかが、前年に比べて10分の3以上減少する見込みであること。
  2. 前年の所得の合計額が1,000万円以下であること。
  3. 減少することが見込まれる事業収入等に係る所得以外の、前年の所得の合計が400万円以下であること。

※保険料の減免の対象となる人について、いずれの基準にも該当する被保険者については、減免額が最も大きいものを適用します。

※詳しくは市役所保険年金課、または大阪府後期高齢者医療広域連合へお問い合わせください。

 

 

 

 

お問い合わせ
保険年金課

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか

※当フォームは、返信不可能のため、ご質問にはお答えすることができません。