新型コロナウイルスワクチン予防接種済証、予防接種証明書(ワクチンパスポート)について

更新日:2021年10月07日

予防接種済証・接種記録書について

新型コロナウイルスのワクチンを接種した人は、以下により国内において接種済みであることを示すことができます。

1.「新型コロナウイルスワクチン予防接種済証(臨時)」

クーポン券(接種券)の右側が予防接種済証になっています。ワクチン接種後、接種情報を記入してご本人にお渡ししています。

2.「新型コロナワクチン接種記録書」

医療従事者及び高齢者施設の従事者で、接種券付き予診票にて接種した人の証明になります。

予防接種済証について(特別な理由がある場合に発行)

以下の場合には、申請により証明書を発行します。

1.「新型コロナワクチン接種記録書」を有する医療従事者のうち、泉大津市が発行する接種済証を必要とする方

2.クーポン券(接種券)に付属する「新型コロナウイルスワクチン予防接種済証」を紛失した等の理由により、泉大津市が発行する接種済証を必要とする方

申請方法

以下の申請書をダウンロードしてご記入の上、添付書類と合わせて市担当まで送付してください。

新型コロナウイルスワクチン予防接種済証(再)発行申請書(PDFファイル:649KB)

必要な添付書類

・本人確認書類(健康保険証、運転免許証、マイナンバーカードなど個人情報が確認できるもの)の写し

・新型コロナワクチン接種記録書の写し(医療従事者・高齢者施設従事者のみ)

・あて先を記載した返信用封筒(切手を貼付※)

※接種済証はA4用紙1枚です。貼付する切手の金額は返信用封筒の大きさにより異なります。(長3封筒の場合は、84円切手を貼付してください)

(注)申請者と発行対象者が異なる場合は、上記の書類に加え、申請者の本人確認書類の写しを同封してください。

申請先

〒595-0013

泉大津市宮町2番25号

泉大津市立保健センター 新型コロナワクチン担当 宛

手数料

発行手数料は無料です。

注意事項

・対象となるのは原則、泉大津市に住民票がある方です。

・接種済証の発行には1週間程度見込んでおりますが、接種記録を確認する必要があるため、時間を要する場合があります。

本接種済証は海外渡航者向けの「予防接種証明書(ワクチンパスポート)」ではありません。

 

予防接種証明書(ワクチンパスポート)について

7月26日(月曜日)から海外渡航予定がある方を対象に、新型コロナウイルスワクチン接種証明書の申請受付を開始いたします。

※現に海外渡航の予定がある方のみ対象としています。

対象者

新型コロナワクチン接種時に泉大津市民の方で、現に海外渡航の予定がある方。

以下の方は発行対象外です。

・海外渡航の予定がない方

・接種を受けていない方

申請方法

以下の申請書をダウンロードしてご記入の上、添付書類と合わせて市担当まで送付してください。

予防接種証明書 交付申請書(PDFファイル:126.9KB)

※代理人による申請の場合、委任状も必要です。(同一世帯員の場合でも必要です)

委任状(PDFファイル:315.9KB)

必要な添付書類

1.予防接種証明書交付申請書

2.パスポート(旅券)の顔写真のあるページの写し(旅券に旧姓、別姓、別名(英字)が記載されている場合は、それが確認できる書類も必用)

3.新型コロナワクチンクーポン券(券番号・予防接種済証の記録がわかれば可)の写しまたはマイナンバーカードなどの写し

4.接種記録書の写し(お持ちの人)

5.郵送での交付を希望される場合は、あて先を記載した返信用封筒(切手を貼付※)

※予防接種証明書はA4用紙1枚です。貼付する切手の金額は返信用封筒の大きさにより異なります。(長3封筒の場合は、84円切手を貼付してください)

(注)代理人による申請の場合、上記の書類に加え、委任状を同封してください。

申請先

〒595-0013

泉大津市宮町2番25号

泉大津市立保健センター 新型コロナワクチン担当 宛

手数料

当面の間、発行手数料は無料です。

注意事項

・申請から交付まで1週間程度見込んでいますが、接種記録などを確認する必要があり、時間を要する場合があります。

 

参考

・外務省ホームページ「海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書が使用可能な国・地域一覧」

・外務省ホームページ「新型コロナウイルスに係る日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置」