12歳から17歳の新型コロナワクチン接種について

更新日:2021年09月16日

12歳から17歳の方のワクチン接種については、日本小児科学会の見解から、保護者や本人への丁寧な対応が可能な医療機関での接種が望ましいため、個別接種をご検討ください。

 

予約方法

各医療機関へ直接申し込みが必要です。

12歳から17歳の接種を実施している医療機関は下記をご覧ください。

市内接種医療機関一覧(PDFファイル:520.4KB)

※ただし、医療機関での個別接種が困難な場合などは、集団接種会場での接種も可能

です。

※ファイザー社のワクチンは満12歳以上の方が対象となるため、12歳の誕生日前日より

前には接種できません。接種券は誕生日の翌月にお送りします。

12歳から15歳のお子様の保護者の方へ

・接種させる場合には、予診票の署名欄に保護者の氏名を署名してください。接種を希望されない場合には、自署欄には何も記載しないでください。予診票に保護者の署名がなければ予防接種は受けられません。

・中学生以上のお子様への予防接種については、接種医療機関(接種会場)が認める場合(※)には、保護者が説明書を読み、予診票に保護者の方が自ら署名することによって、保護者の同伴がなくても、お子様は予防接種を受けることができます。

(※)保護者の同伴が必要ない旨の案内をしている場合に限ります。案内をご覧になるか、予約時にご確認ください。

・保護者の同伴なしに接種する場合には、予診票の「電話番号」記載欄には、緊急連絡先(予診や接種の際に、必ず保護者の方と連絡のつく電話番号)を記載してください。

・疑問などがあれば、あらかじめ、国や市町村からの情報をご覧いただくか、かかりつけ医などに確認し、納得したうえで、ご判断お願いします。

関連リンク