よくある質問

更新日:2021年06月30日

Q:コロナワクチンの効果は

A:新型コロナワクチンは2回の接種によって、約95%の有効性で発熱や咳などの発症を防ぐ効果や重症化の予防効果が期待されている。
効果の持続期間については調査中であり、ワクチン接種による感染予防効果や中長期的な影響については明らかになっていません。

Q:接種は義務ですか

A:接種は強制ではありません。接種を受ける人の同意がある場合に限り接種が行われます。感染症予防の効果と副反応のリスクの双方を理解したうえで、自らの意志で接種を受けてください。
職場や周りの人などに強制したり、接種を受けていない人に差別的な扱いをしたりすることのないようにお願いします。

Q:副反応が気になる…

A:どんなワクチンでも体内に異物を投与するため、副反応が起こることがあります。
症状は、接種部分の張れ、痛み、発熱、頭痛などや倦怠感、筋肉痛などが主です。
まれに強い副反応も生じていますので、接種後は会場で15~30分待機して様子をみてみましょう。
ワクチン接種による副反応の詳細については、厚生労働省のホームページからご覧いただけます。

厚生科学審議会(予防接種・ワクチン分科会 副反応検討部会)

Q:65歳以上ですが、高齢者の枠が終了したら接種できないのですか

A:あくまでも優先接種の対象となっているだけですので、7月以降も接種は可能です。
接種を予約する際には、クーポン券が必要ですので、紛失した場合は市コールセンターまでお問い合わせください。

Q:変異株への効果は

A:ウイルスは絶えず変異し続けます。小さな変異でワクチンの効果がなくなるというわけではありませんが、それぞれの変異株に対して、ワクチンの有効性がどのくらいあるのかについて確認が進められています。

Q:接種後もマスクは必要ですか

A:ワクチンを接種した人から、他人への感染をどの程度予防できるかはわかっていません。引き続き、マスクの着用、手洗いや消毒、3密の回避などの感染予防対策を行ってください。