公園・緑地等における施設一体管理及び港湾緑地の有効活用に関する官民連携導入可能性調査業務の質問回答について

 

 本市では、市内の公園・緑地等における施設の老朽化が進む中、施設の更新に係る負担が増加していく見込みであり、効率化による財政支出の削減が求められている。また、市民会館等跡地活用については、令和5年度からの供用開始の計画となっており、この他にも泉大津フェニックスには多目的広場等もあり、これらの施設と連携した資産の有効活用について検討を進める必要がある。

 本業務は、財政支出の削減に繋げる公園・緑地等の公共施設の一本化に加えて、民間の経営ノウハウを活用する官民連携手法の導入可能性について検討を行うことを目的とする。

 

 なお、委託業者の選定は、公募型プロポーザル方式とします。

 

募集概要

【業務名】

 公園・緑地等における施設一体管理及び港湾緑地の有効活用に関する官民連携導入可能性調査業務委託

【業務の内容】

 仕様書等からご確認ください。

 

スケジュール

募集開始:令和2年9月14日(月曜日)

質問書受付期間:令和2年9月14日(月曜日)から9月23日(水曜日)午後5時まで

質問書回答:令和2年9月24日(木曜日)

提出書類等提出期間:令和2年9月30日(水曜日)から10月6日(火曜日)午後5時まで

審査結果公表:令和2年10月9日(金曜日)予定

募集要項等

質問書回答

9月23日(水曜日)17時まで受け付けておりました質問については、下記とおり回答いたします。

 

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。
お問い合わせ
都市づくり政策課

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか

※当フォームは、返信不可能のため、ご質問にはお答えすることができません。