住基カードでどのようなことができるの?

〇平成2712月末をもって住民基本台帳カードの新規発行が終了します。

 平成28年1月1日に番号法が施行されることに伴い、住民基本台帳カードの新規発行は平成27年12月28日をもって終了します。住民基本台帳カードの新規申請を希望される方はご留意ください。

 住民基本台帳カードは平成28年1月以降も有効期間まではそのまま使用することが可能ですが、個人番号カードを希望するときは個人番号カードを交付時において住民基本台帳カードを廃止・回収します。

住民票の広域交付

住民票は通常、住んでいる市区町村でしか取れませんが、本人が住基カードを持参すれば、本人及び同じ世帯の方の住民票を他市区町村の窓口でも取る事ができます。

外国人住民の方については、住民票の広域交付(お住まいの市町村以外の市町村で住民票の交付請求をすること)は、平成25年7月以降から可能となりました。

 

※詳しくは右記のホームページをご覧ください。 (広域交付)

 

写真付きのカードは、公的な本人確認の証明書として活用できます。

家庭のパソコンから国の行政機関等にオンラインで申請・届出ができる公的個人認証サービス(インターネット上の印鑑証明)に利用できます。

※公的個人認証サービスを利用する場合は、電子証明書の申請が別途必要です。

※詳しくは右記のホームページをご覧ください。(公的個人認証)

住民基本台帳カードについての詳細は右記のホームページをご覧ください。(住基カード)

 

転入転出の特例

 市役所に転出の届出をする時、住基カードを持参して住所の変更(転出)の届出をします。

市役所からは転出証明書の発行はしないで転出の手続きは終了です。

転入先で住基カードを持参して、4ケタの暗証番号(住基カード作成時に設定)を入力し、転入届の手続きをします。

これにより、転出証明書なしで転入手続ができます。

住基カードの裏面には新住所が記載されます。

 

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか