災害ガレキの収集に関するご案内

 

 平素は、本市環境行政にご理解ご協力いただき誠にありがとうございます。

この度、9月4日に来襲した台風21号の影響により、被害に遭われた皆さまにおかれましては、心よりお見舞い申し上げます。

 さらに、市民の皆さまにおかれましては、各地域の飛散物の除去や清掃にご協力いただき誠にありがとうございます。

 お陰様をもちまして、災害ガレキの回収はほぼ完了しました。

 まだ整理のついていない罹災家屋の災害ガレキにつきましては、環境課までお問い合わせください。 

 

災害にあわれた方々へ

 

 家屋等の一部損壊や半壊等で罹災された方々の家財等を処分する場合には、環境課までお問合せください。

 罹災家屋の家財等の粗大ごみについては、原則、現地で環境課職員が立会いを実施し、受け入れ可能な物の確認を行い、収集日について調整を行っております。

 

災害ガレキ回収について

業者に依頼される場合

 台風により一部破損した住家等の修繕工事や解体工事を業者に依頼され、工事に伴い不要となった瓦、レンガ、コンクリートブロックなどは、廃棄物処理法の規定により、施行業者(元請業者)が処理すべき産業廃棄物となるため、一般廃棄物として泉大津市で引き取ることができません。

 業者に工事を依頼される際には、工事に伴い不要になった廃棄物の処理は業者が責任を持って処理すべきものであることを、理解しているか、業者に対して事前にご確認いただくようお願いいたします。

 

被災者ボランティアに依頼される場合

 台風により落ちて割れた瓦くず、屋根上で破損した瓦を被災者ボランティア等が下した瓦くず、及び倒壊したブロック塀等を災害ガレキとして処分されたい場合は、必ず事前に環境課までご連絡お願いいたします。

 

 

災害に関係のない対象外の場合

 一部便乗ごみ等が多く見られますので、災害ガレキだけを出していただくようお願いします。

 対象外の粗大ごみは、回収できません。

 

 皆さまのご協力をいただき、泉大津市のできる限り早い復旧を目指して参りたいと考えております。皆さまどうぞご協力をお願いいたします。

 

 

災害ガレキの回収範囲について

 

災害ごみのガレキにつきまして下記の内容の物を、回収させていただきます。

 

1.一般のご家庭から出る建物の外まわりの災害ガレキ及び近隣から飛来した飛散物

2.事業所の場合は、事業所敷地以外の近隣から飛来した飛散物(敷地内から出たものは含みません。)

災害ガレキの収集可能範囲
  一般家庭 事業所
敷地内建物の外まわりに出た物 ×
近隣から飛来した物

○は収集可能、×は収集できないものです。

※事業所様の敷地内の物については、事業者様自身が処分していただく必要があります。

 

 

災害ガレキの出し方はルールを守って下さい。

 

 

※ 今回の災害に関係のない物は、対象外となっております。

 

※ 対象外の粗大ごみ、家電製品等を出された場合は、収集できません。

 

※ 生ごみ、大きな建築物、人が持てない大きさのブロック塀は、収集できません。

 

 

【災害ガレキの出し方】

・燃える物、燃えない物を分別してください。

・人が持ち運べる大きさ及び重さに細かくしてください。

・出した「災害ガレキ」には、「災害ごみ」または「台風ごみ」と表記願います。

・災害ガレキを出す場所は、道路側に出して下さい。

・できる限り、ご近所の方と取りまとめ願います。

 

※お家の中の物は、一般家庭の方でも対象外になります。

※災害ガレキの収集には、一定のお時間を頂戴することになりますので、ご了承ください。

※お急ぎの方は、直接搬入をご利用ください。

 

【災害がれきの直接搬入について】

場所:汐見町98-4(泉大津市汐見下水処理場横)

開設時間:午前9時~午後5時 (平日)

 ※ 9月22日(土曜)、9月24日(祝日)については、臨時で開設します。

現地での分別:燃える物、燃えない物に分別願います。

 

 

【道順について】

1.汐見町交差点海手に曲がる。

2.汐見埠頭東交差点を左に曲がる。

3市営火葬場「ゆうしお」を左で確認してとおり過ぎ.大津川向って、直進

4.左折後すぐに門があり、ここの中で入って行ってください。

地図情報

お問い合わせ
環境課

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか

※当フォームは、返信不可能のため、ご質問にはお答えすることができません。