泉大津市文化フォーラム(平成27年度)

6年目の今年は、歴史・文学を中心に開催します。 

ホットな話題を集める著名な方々を招いて開催している「文化フォーラム」。
質の高い文化芸術に触れ、心豊かな市民生活を送ってもらうことを目的としています。

各講師からメッセージを寄せてもらいました。

場所: テクスピア大阪(旭町22-45)

時間: 午後2時~3時30分(開場は午後1時)

参加費: 無料

定員: 各回当日先着500人

申込: 不要

終了した講演

5月3日(日曜日・祝日)「絵本でこどもたちを元気に~長谷川義史絵本ライブ」

講師 長谷川義史氏(絵本作家、講談社出版文化賞絵本賞) 

絵本ってこんなに楽しいよ!
即興で絵を描いたり、ウクレレを弾きながら歌を歌ったり、絵本の読み語りなど、心の底から楽しめるライブショーです。笑ったり、ほっこりしたり、励まされたり…ご家族そろって「絵本パワー」で心豊かなひとときを体験していただけます。心にしみるバラエティーを通じて、子どもの夢を育てませんか。

 西洋列強の外圧がアジアに迫った幕末。長州の吉田松陰は危機に動かされ、脱藩。アメリカへの密航未遂と国禁を破り、日本を救おうとした。そして安政の大獄に連座して、30歳で処刑される。このような、ある意味で特殊な人物は、どのような環境から生まれたのか。松陰を取り巻く家族、同志から、その問題を考え、合わせて松下村塾の教育についても話してみたい。

6月7日(日曜日)「『村上海賊の娘』と泉州の海賊衆」

講師 和田竜(りょう)氏(作家、2014年本屋大賞)

 1576年、織田信長の水軍が大阪湾を封鎖し、それを村上海賊が主力の毛利水軍が打ち破った第一次木津川合戦。この海戦は従来、「織田方の水軍が海戦に不慣れだったから」という漠然とした解釈がなされ、敗北した織田水軍の実態にはまったく触れられてきませんでした。しかし、織田方の水軍にもプロが存在し、それが泉州の海賊、眞鍋家でした。当日は、眞鍋家を中心に、泉州の侍たちについてお話します。

文化フォーラムチラシ

7月5日(日曜日)「吉田松陰とその家族」

講師 一坂太郎氏(至誠館大学特任教授、萩博物館特別学芸員)

 西洋列強の外圧がアジアに迫った幕末。長州の吉田松陰は危機に動かされ、脱藩。アメリカへの密航未遂と国禁を破り、日本を救おうとした。そして安政の大獄に連座して、30歳で処刑される。このような、ある意味で特殊な人物は、どのような環境から生まれたのか。松陰を取り巻く家族、同志から、その問題を考え、合わせて松下村塾の教育についても話してみたい。

 

9月27日(日曜日)「本能寺の変と四国説-新出史料の意義」

講師 藤田達生氏(三重大学教育学部教授、日本史学)

2014年6月、林原美術館(岡山市)で館蔵の新史料「石谷(いしがい)家文書」(全3巻、47点)に関するマスコミ発表があり、特に「本能寺の変」関係史料の「(天正10年)5月21日付斎藤利三(さいとうとしみつ)宛(あて)長宗我部元親(ちょうそかべもとちか)書状」が大きく取り上げられた。 新史料の発見によって、信長の四国出兵のギリギリの時点まで、すなわち本能寺の変直前まで、長宗我部氏が光秀の重臣斎藤氏を介して、信長と領土交渉していたことが明らかになった。変には相当複雑な事情があることが確定され、従来の「単独謀反説」は成り立たなくなったのである。本講演では、なぜ光秀が長宗我部氏の危機を打開するべくクーデターを選択したのかお話ししたい。

 

12月20日(日曜日)講演&実物資料展示
「鉄砲伝来と江戸時代の科学~澤田コレクションの公開」

講師 澤田平氏(「開運!なんでも鑑定団」鑑定士、堺鉄砲研究会主宰)

天文12年(1543)の鉄砲伝来は、ヨーロッパ文明との直接的な出会いであり、その後世界的に突出する日本のハイテクノロジーの出発点になりました。江戸時代には、8連発の火縄銃や和時計、エレキテル(電気発生装置)、歩数計、ライター、万年筆など驚くべきハイテク製品が生まれました。普段は見られない、貴重な品々を会場に持参します。日本の底力を感じてみませんか。

古式銃、甲冑、和時計、からくりの無料鑑定会を公開で実施予定。
鑑定希望者の募集は、詳細が決まりしだい、「広報いずみおおつ」ならびに当ホームページでお知らせします。

文化フォーラム

1月24日(日曜日)「スポーツも・子育ても・社会活動も~複線人生のすすめ」

講師 奥野史子氏(バルセロナ五輪銅メダリスト、スポーツコメンテーター)

 国内や世界の数々の大会に出場してきたなかで、バルセロナ五輪のシンクロナイズドスイミングに出場したのは20歳のとき。あの経験があったから、どんな場面でも頑張れるようになりました。朝原宣治さん(北京五輪4×100mリレー銅メダリスト)と結婚し、3児にめぐまれ、子育てから学ぶことも多く、現在はスポーツコメンテーターとしてテレビやラジオなどの各メディアに出演させていただいています。スポーツも、子育ても、社会活動も、私を形作る大切なものです。

文化フォーラム

地図情報

関連リンク

お問い合わせ
秘書広報課