一般事務補助臨時職員(アルバイト)要員の登録について

 泉大津市では、市役所の庁内や公民館などの関係施設で一般事務補助業務をしていただける臨時職員(アルバイト)の事前登録を随時募集・受付しています。

臨時職員要員の登録について

登録資格

  • 60歳未満の人で、パソコン操作のできる人 (文書作成・表計算程度)
  • 地方公務員法第16条の欠格条項のいずれにも該当しない人

(注)

臨時職員の定年は60歳です。

地方公務員法第16条の欠格条項とは、次の事項を指します。

  • 成年被後見人又は被保佐人 (民法の一部を改正する法律(平成11年法律第149号)附則第3条第3項の規定により従前の例によることとされる準禁治産者を含む。)
  • 禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又はその執行を受けることがなくなるまでの者
  • 泉大津市において懲戒免職の処分を受け、当該処分の日から二年を経過しない者
  • 人事委員会又は公平委員会の委員の職にあって、地方公務員法第5章に規定する罪を犯し刑に処せられた者
  • 日本国憲法施行の日以後において、日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した者

雇用条件

 

勤務場所

市役所の庁内または関係施設(公民館など)

 

任用期間

6ヶ月以内(更新は1回のみ可能で、最長で1年間が限度になります。)

 

賃金

1日7時間45分勤務の場合(市役所庁内) : 日額6,900円

1日7時間30分勤務の場合(関係施設) : 日額6,680円

 (注) 交通費の支給あり。ただし、市内在住者については交通費の支給はありません。

 

勤務時間

市役所庁内

 8時45分から17時15分(7時間45分勤務)です。

 休憩時間は12時00分から12時45分。

 週38時間45分勤務です。

 土曜・日曜・祝日は休みです。

公民館などの関係施設

 1日7時間30分勤務(週37時間30分勤務)です。

 施設により土曜・日曜・祝日勤務や、21時頃までの夜間勤務もあります。

 (注) 上記勤務時間より短い勤務時間での登録受付はしていません。

 

社会保険

任用期間に応じて健康保険や厚生年金保険、雇用保険に加入します。

 

有給休暇

任用期間が6ヶ月以上見込まれる場合に付与します。

 

その他

ほかの仕事やアルバイトとの兼職はできません。

臨時職員要員の登録有効期限は登録日より1年間です。

登録方法

「泉大津市一般事務補助臨時職員要員登録申込書」または、市販の履歴書に写真を貼り、人事課へ持参または郵送してください。

なお、市販の履歴書をお使いの場合は、本人希望記入欄等に、土曜・日曜・祝日勤務の可否や、夜間勤務(21時まで)の可否を記入してください。

また、市役所庁内勤務となった場合の通勤手段を記入してください。

 (注) 「泉大津市一般事務補助臨時職員要員登録申込書」はこのページ下部からダウンロードできます。

   

採用方法

登録後、市役所の庁内や関係施設(公民館など)で臨時職員の採用の必要が生じた場合に、登録者名簿より選考し、人事課から連絡します。(登録順ではありません。)

なお、臨時職員要員の登録は、雇用を保証または優先するものではありません。また、採用の対象となる業務に登録資格以外の知識や経験を必要とする場合などには、公共職業安定所(ハローワーク)に求人依頼をすることもあります。

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。
お問い合わせ
人事課